3月に実施した知能検査の結果がでました。





全体的な結果からサクッというと、以前から思っていた通り


聴覚からの指示というものに対して弱いことが数値としてでていました。





結果を元に先生と色々と話をし、これからの対策として細かい事はまた次回という事になりました。





母として心当たりがあるのは幼少の頃にちゃんと向き合わなかった事かな。


長男はあれやこれやと色々と手をかけたのに、次男は忙しいとか放っておいても大丈夫なんて、勝手な思い込みがあったからコミュニケーションをとる事が長男に比べて少なかったと思う。








『三つ子の魂100までも』は本当だなと9歳になろうとしている今、改めて実感と反省中です。


3歳前の子育てをしている働くママさん、色々と大変ですが親と子のコミュニケーションは本当に大切です。1分でも1秒でも長く過ごして欲しいと偉そうに言いますよ(^^;





長男と次男の子育てにおいて、一番の違いは



・私が働いてなかったこと

・兄弟がいなかったこと





長男は4才の年少まで専業主婦だった私が育てていました。


毎日の公園通い、2才からの習い事、0才の赤ちゃん時代からアクティブに色んな所へ連れて行き沢山の経験をし、いろんな人と話したりした。




長男の積極性や外には評判の良い性格(笑)は、やはりその頃の体験が基盤になっているんじゃないかと思ってる。





そして次男は2才から保育園に通いはじめた。


2才まではもちろん専業主婦だったけど、長男に比べればお出かけも少なかった。そして働き始めてからさらに毎日の生活を送ることが必死になってしまった。





そして本当に申し訳ない出来事として非常に思うのは、働き始めてから5年位は、旦那に対してかなり愛情が冷めてしまった頃なのです。
原因は本当に細かくて色々とあるので、ここでは割愛します。





だから、長男の時と違いあんまり笑わなくなって、いつも機嫌が悪かった私。






数年前「お母さんってあんまり笑わないよね」って次男の言われたとき、このままじゃいけないと心底思った。









そして今、次男の性格を作ったのは、紛れもない私が作り出した環境だと思う。





子は親を映す鏡











だから、私は今まで以上にたくさんたくさん可愛がっていきますよ!


もちろん可愛がる=ワガママを許すじゃないですよ。








あと2年もすれば、長男のように親離れが始まる。


だからそれまで沢山笑って、たくさん遊んで、親として色んな事を応援サポートしなきゃ♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村