室長が変わった小4の4月

 

その頃は長男の様子はあまりよくなく
塾に行っても教材のすべてをやりきれなかった為、
何もわからない状態で帰ってくる事も多かったので
仕方ないので家でのフォローも多くなりました。
折角塾に行っているというのに
20時前に帰宅し、お風呂に入って21時からまた勉強という日々
4年生なのに寝るのが23時24時という日もあり
これはちょっと・・・と思いました。

特に算数の習得内容があまりにも低いので
算数を担当している室長と3回か4回ほど面談をしました。

しかし、向こうからでてくるのは、長男のやりかたが悪いという話しばかり。

算数の解き方について、教えた通りにやらない
色々と考えてやってしまう。
なのでこちらとしては、できるまで放っておいていますと。

放っておいた後のフォローは?と聞いても
本人が気づくまで仕方が無いです。と。

そんな事言われていても、どんどんと下がる算数の成績に
焦る私。
放っとく塾。
仕方ないのでフォローする私とオットの繰り返しで回していました。

面談しても長男の良い所は1つもないと言わんばかりに悪い所を並べるばかり。

そんな中、私の頭をふとよぎったのは「転塾」でした。
でもなあ・・・と思いながら私の背中を最後に押したのは、保護者会でした。

塾からの保護者会だと思い参加したはずが行ってみると
なぜか塾説明会で、これから通塾を検討している人ばかりのようで
塾のシステムや私立中の話を中心に始まっていました。

話しはちょっとずれますが
このB塾は四谷のカリキュラムを取り入れていますが
週テストは希望性で、5週に1回のテストも組分けではなく月例テストを推奨していました。

ですがそれではちょっと弱いと感じていた私は
週テストと組分けテストを希望しました。
それは塾にとっては異例な感じで対応されていました。

話しは保護者会に戻り。

その全然やっていなかった週テストと組分けテストの仕組みを
あたかも今までやっていたように話し、素晴らしいカリキュラムでしょ?と言われ
正直私はドン引き・・・。

いやいいんですよ。
塾の説明会ですから。

でもこの説明会にすでに通っている親呼ぶか~~~???と思ったわけです。

講師もコロコロかわるし。
保護者会もなんだか適当な感じだし。

 

だめだ。もう転塾だ!と私の背中をどーんと自動で押されてしまいました。

そして、あの入塾テストに落ちたA塾へと久しぶりに電話を入れました。

【中学受験 塾選びから転塾までのお話】
①中学受験塾選び。流れに任せた小3から小4
②中学受験、塾選び。何かが納得できない小4時代←いまここ
③中学受験、塾選び。転塾を決める小5の初め
④中学受験、塾選び。震災と転塾の小5年3月
⑥中学受験、塾選び。まとめ。
⑤共働きの家庭に向いてる塾

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村