月曜日と言えば

塾から帰ってきた後に理科の予習ナビ。
(そんな忙しいスケジュールもあと1ヶ月)

夕飯の片付けをしながら、小学生の理科を見守っています。

今回は気体の話で、ナビでは先生が簡単な実験をしながら、理解を深めてくれていました。

ちょうど酸素の実験の所で、「二酸化マンガンを加えて…」と言ったあとのに

「わわわ、水蒸気が凄いけど、これは量を間違えちゃったね」って言うので、小学生に巻き戻させて見に行くと

過酸化水素水に大量の二酸化マンガンを加え、酸素がでる所を確認するはずが、二酸化マンガンの量が多かったらしく、ものすごい煙のような水蒸気が立ちこめて、見ているこっちが驚いてしまいました

しかしこの場面を量を間違えちゃったといい、編集する事もなくそのまま配信しちゃうなんて、ある意味印象深い回になったはず(笑)

ナビのあとは、中学生の愛読書である元素生活で酸素やヘリウム、水素などを読んで終了。
この元素生活かなり面白くて、科学嫌いな私も楽しんで読める内容でおすすめ。
イラストがなんともシュールでこれがいい

ちなみに今日は塾のテスト(国語)でしたが、結果はな感じ。
ま、いいよ。あと2年じっくり伸ばして行こうね。って自分に言い聞かせるつもり(80%)で小学生を励まし、国語についての本を探しはじめました。

親が教えるにあたってのポイントや、精読をあげるための練習やアドバイスの参考になる本を探しています。
今の所アマゾンをふらふらしているけど、販売年数が古いものが多くてちょっとイマイチ…。

小学生の国語の解き方をみていると、どうしても精読に時間がかかり、問題を解くにあたって時間がかかっているのが特徴。
時間をかければ、答えを出す事ができるので、日々の練習のみだなと思います。

問題が簡単な4年・5年前半でコツを得られるのがとりあえずの目標かな

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村