次男は明日から文化祭。今日は準備のため朝早くでかけていきました。

私はこのところの激務に耐え切れず起きれる自信がゼロだったので、明日は1人で行ってねとお願いしたら目覚まし前より起きてスッと出かけて行ったようです。
普段もこうだと非常に助かるんですがどうでしょうか。

受験生のゴールデンウィーク

自塾は特訓も講習もないため課題を出されそれを自宅で学習します。

去年の今頃は連休明けの組分けテストに向けて塾の課題と苦手範囲をやっていました。
塾の課題はそれほど多くはなかったので、苦手範囲の復習にかなり注力した内容となりました。

去年のメモ書きより

算数

塾から毎日取り組むプリント
四科のまとめは1〜50章の黒の問題をやっていました。
また「条件整理・場合の数」「立体図形」「速さ」など上位校にてよく出る単元をおさらい。
予習シリーズの例題とチャレンジ、演習問題集の反復問題に応用力完成問題集も取り組んでました。
合格を決めるキーポイントにて立体図形と速さを復習

 

国語
語彙力UPを中心に
漢字と言葉の復習と漢字の要を中心に、YTの復習なども。

社会
予習シリーズの第6回・7回を読む。
YTテストの復習
コアプラスにて地理の苦手な部分解く
予習シリーズ6年上の巻末資料の日本国憲法を読む

理科
同じく予習シリーズを読む(6〜8回)
YTテストの解き直し(7回・8回)
コアプラスで苦手な生物を解く

そして最後に合不合判定テストの過去問と志望校の国語の過去問を実施しました。

 

志望校の過去問(国語)を実施する事は5年後半から読んでいた
小6になってグンと伸びる子、ガクンと落ちる子 6年生で必ず成績の上がる学び方7つのルール」から、GWは第一志望の学校の国語に取り組み分析しましょうという事からやってみました。

GWの頃の志望校はまだ親主導でしたのでこの時に実施したは「渋幕2次/2012年度」
でもこの時期に志望校の国語をやってみたことで、低飛行だった国語について少し前向きに思えました。
(が、この後の組分けテストでは最低偏差値を更新するというとんでもない結果を出してくれました(涙))

 

ゴールデンウィークはがっつりと勉強していた訳でなく、勉強と遊びと交互に行っていました。
子供は休みでも親は仕事という春休みと違って親自身も休みなので、まとめて管理もでき、6年生だけでなく5年生も苦手範囲の総復習に当てるいいタイミングだなと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村