先日、統一招集日でしたので親子で行ってきました。色々とお話を聞くこと2時間弱。その中で先生が話されたある内容について頭の中で浮かんで来たのが社会の最後の記述問題でした。

「社会のなかで、異なるもの同士が接し交わることが、活力を生むことにつながるのはなぜですか。具体的な例をあげながら80字以上100字以内で君の考えを述べなさい」

この入試問題とその内容が繋がり、こういう子に来て欲しい、こういう考えを持つ子が欲しいという、学校からのメッセージなんだと改めて思いました。

 

【過去問の進め方とスケジュール】
過去問は塾からの指示で8月に志望校を1年ずつ進めたあと、9月から毎週日曜日を過去問デーとし、他祝日やお正月など模試がない1日休みの日は必ず実施していました。
第1志望校の麻布と渋幕を中心にし、絶対に欲しい千葉併願校を6年分、都内併願校を1〜2年分実施。

併願校については12月あたりから平日の夜に1教科ずつ解かせ、日曜日や祝日に麻布か渋幕の過去問をやり1週間で2校分をこなすようにしました。

麻布は8月のスタートを皮切りに1月の千葉受験までに10年分をやり千葉受験後から入試前日まで8年分、トータル18年分こなしました。

 

 麻布渋幕市川東邦他併願校
8月H27H27H27
H26
H27
9月H26H26H25H26
10月H25H25
H24
H27 2次
H24H25
H24
芝柏H27
11月H24
H23
H22
H21
H21H21H23芝H27(1)
12月H20H20
H26(2)
H23
H23
H27
H21
1月H19~H10H22
H19
H26(2) H27(2) 芝H26(1)
芝H27(2)
西大和H27
本郷H27(2)
結果12勝3敗5勝6敗5勝3敗6勝1敗

麻布は合格最低点が3年分不明のため合否は15年分のみとなります。

 

【麻布の過去問の推移】
※テンプレートは勝手ながら愛読していたazabujyukenさんからお借りしました。

国語/算数/社会/理科/合計点/合格最低点

平成27年(実施日8月9日)

38/20/24/10/92/117

平成26年(実施日9月22日)

23/35/18/19/95/105

平成24年(実施日11月1日)

28/44/20/20/112/122

平成21年(実施日11月29日)

33/51/20/22/126/111

平成20年(実施日12月24日)

33/40/20/21/114/111

平成18年(実施日1月8日)

44/51/18/27/140/113

平成17年(実施日1月24日)

48/39/25/31/143/106

 

採点はすべて塾の先生にお願いしました。
算数の先生からは、本人のモチベーションを潰さないようにに記述に関して甘めに採点しましたと。
最初は社会が本当に取れなかったのですが11月後半から5割を取れるようになり、出題傾向を大分掴めて来たようです。
また18年分やった結果、こんな時代が良く出るよね、社会はこんな問題が好きなんだけど入試でも出て、本当に好きなんだなーって思いながら解いたよ(笑)と言っていました。

 

次は麻布の過去問解きなおしについて書きます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村