この日の合格発表はWEBと学校の掲示の2つ。

でもどちらも午後なので午前中は仕事に行き、次男は発表見に行きたくないと、翌日の芝の過去問をやった後に塾に行くことにしました。

この日は13時半ごろまで仕事をし、まずは渋幕の発表をWEBで確認したあと麻布へ向かうと決めていたのですが

12時半ごろ同じく渋幕2次を受けていたお友達から「うちはダメだったー」とメールが来たので、予想外にも早い発表でしたが、職場で確認しました。

そこには次男の番号はありませんでした。

そこからよっぽど暗かったのでしょうね、麻布に向かうために「お先に失礼します」という挨拶をした私に課内のみんなから「大丈夫?」と心配そうに声を掛けてもらいました。

1番行きたかった麻布がダメだったらなんて声をかければいいのか。そんなことを考えながら日比谷線を3本ほど見送り、よし!と決心をしてから電車に乗り込みました。

広尾駅でも学校に向かえずにまたウロウロ。
発表の15時までまだ時間もあるし、とりあえずスタバでコーヒーを飲んで、落ち着いてから行こうと休憩してから学校へ向かいました。

頭の中はこの曲がぐるぐる。

この曲聞きながら、私と次男が頑張って来た今までを思い出しながら

心配ないからね君の想いが
誰かにとどく明日がきっとある

どんなに困難でくじけそうでも
信じる事さ必ず最後に愛は勝つ

最後に(母の)愛は勝つ!なんて思いながら、坂を上りきるともうすぐ学校。

もうこの辺りからは出てくる方の顔も見れずに下をうつむきながら掲示板のある中庭へ。番号がある辺りの場所へ来て1つ1つ確認していくと

 

…ある!

 

間違えじゃないよね?とカバンから受験票をだして確認。

 

やっぱり…ある!!!

 

その場でただただ号泣。
すぐに塾へ電話をし、まずは先生に報告。そしてそのまま本人に代わってもらいました。

 

最初に出た一言はとっても暗く

 

「どうせ、落ちてるんでしょ?」って。

 

いいえ、合格ですよ!間違えないですよ。って伝えたら

 

「まじー!!!」って声とともに後ろから沢山の拍手が聞こえてきました。

 

その場にいた先生達が拍手してくださったのです。

そして多くの拍手を聞きながら電話を切り自宅へと向かいました。

 

帰りながらTwitterにてご報告。
こちらは以前から第一志望が麻布と宣言していましたので、まさにリアルで実況していましたから、多くの応援と励ましをいただいておりました。そして今回の合格についても沢山のお祝いメッセージを頂き本当にありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村