昨日は最初で最後のサピックスの合格力判定テストでした。

ここでどかーん。と、やりそうだなと密かに思いながら見送ったせいか(笑)、みごとにどかんとやってくれました。

算数が嫌いな図形ばかりだったからという言い訳でしたが、とにかく動揺してしまったようで

あれ?これも?それも?

俺は何をやってんだーと不貞腐れながらの自己採点でした。

不貞腐れた人を次のステップに動かすのはひと苦労で、そりゃあもう大変で

ついこちらまでヒートアップ!
最後に

あ、そうだ!とサピックスの偏差値表をみせて、平均点でこのあたりだよと教えたら

ひと安心したようで、少し不機嫌も解消されてました。
後手後手でごめんね。

でもかなり手応えのある問題があったのも、事実。

難しい問題には慣れてきたはずなのに、こうやって動揺してしまうこともあるんだな知り、その点で話そうとすると

志望校ではこんなに問題数でないし大丈夫!
と、またもや王道男子の根拠の無い自信が登場しております。

しかしながら、こんな難しい国語算数をやっているサピックスのみんなはすごいな。

入試間近にして改めてサピックスのすごさに驚いた模試となりました((´д`))

もう少し早めに取り組めば良かったなとはちと後悔です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村