先日、塾に面談のお願いの電話をしました。

ちょうど算数先生がいたので、色々と話して、親子関係の悪化ぶりとか、反抗期ぶりとか聞いてもらいました。

算数の先生曰く、普段の授業の様子や塾で取り組んだ過去問をみても、そんなに慌てる必要ないと思いますよ〜。

親は単純なので、信頼してる先生からそう言われるとホッとするし、さっきまでザワザワしてた気持ちが落ち着くものです。

でも折角だから面談しましょうか?と仰ってくれたのでお言葉に甘えることにしました。

面談時にはちょうど合不合の成績も出ていたのでそれを囲んでの面談‥

先生から見た感じはやはり理科社会を落としすぎで、このままでは志望校の合格は厳しいです。‥とはっきり(ノ_<)

この先生はっきり言うので、逆に私は信頼してますが、言われちゃったよって‥

で、数年前に志望校に合格した生徒さんの合不合での成績表を見せてもらったのですが、いやー、理科社会の安定っぷりといったら( ̄▽ ̄)。

その成績をみてクラクラしたのですが、2教科偏差値は次男とあまり変わらなく、すこし光が見えてきたような。

あとは本人の勉強の様子やこの2週間は地理だよと声かけたつもりだったが、地理が全くできてなかったこと。

あと布団に寝転びながら勉強するのをいい加減にやめてほしいと伝えました。

後半戦は三者面談。

とにかく危機感のない受かる気がする〜というポッカーンとした次男に少しだけスイッチを押してもらいました。

勉強してないとは、私も先生も思いません。ですが、その中身についてどうなのかな?と。

そして寝ながら勉強は先生も衝撃の事実で、これば絶対にやめること。

そして口答えしないこと。とにかく動くいますぐやる。

大まかにそんな事を中心にいろいろと1時間近く話してくれました。

最後に先生からは、多くの生徒を見てきてるか言えるのは、素質はあると思います。だからこの偏差値でも素質がなければ第一志望は〇〇に、第二志望は〇〇にと言います。あとは君次第です。

苦手範囲の対策についてはいますぐ時間やページ数を決めてこなすこと。やりきれないと思ったらすぐにやり方を変えること。

本人と私と決めて朝30分〜1時間早く起きることにしました。

もちろん私も早く起きることになりますが、折角入れてもらったスイッチをまたオフにするわけにいかないので、私からいますぐ動く!を実行していきたいと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村