息子たちも無事に進学し、新しい学年での定期考査も結果が返ってきました。

次男の心の折れるような成績を見たあとは・・・
安定の長男の成績でホッとするのがいつものパターンとなっています。

長男は中学受験時代から算数が苦手

でも彼の良いところは
苦手だけど嫌いじゃないから頑張る。

と言ってはずっとコツコツと量をこなしては頑張っていました。

ですが、さすがに頑張りの割には伸びない自分に焦ったようで
高1の終わりから塾に通い始めました。

色々と体験したり説明を聞いて長男が選んだのは「駿台」
親としては彼らしい選択だなと思いました。

通塾でモチベーションも上がり
さらに頑張るようになり、数学は頑張りが成績に出てくるようにもなり

今回の中間では平均点が下がる中、総合点を上げて
久しぶりにクラス1位になりとても嬉しそうに報告してくれました。

塾は高2からは英語と数学の2教科。
駿台は模試がかなり難しく順位も厳しい状況のようで、彼としては総合的な立ち位置がわかるので学校の成績に甘んじることないから丁度良いそうです。

ふと気づけば高2。
この前、入学したばかりなのにと思う暇もなく、あっという間に大学受験を迎えてしまう気がします。

正直、長男よりも次男の大学受験の方が今から心配ですけどね・・・。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村