中学受験を始める前、次男は公文に通っていました。

ですが最初から「公文」と決めていたわけではありません。
はじめは、自宅近くの評判のよかった「学研教室」に通わせようと思っていました。

小1の終わり頃に入会の為にテストをし、その後面談してから入会するという手順でした。

近所でしたからテストへは夫が教室まで送り、帰りは自分で帰ってきました。
ですが、その帰りに先生の話を聞かずに教室を飛び出すように帰ってしまった為、入会をお断りされてしまったのです。

次男にとって最初の塾は「入会お断り」からスタートしていました。

なんで久しぶりにこんな話を書いたかと言うと
家のポストにチラシが入っていて「中学受験も!」なんて書いてあったのでつい思い出してしまいました。

もちろんその学研でお断りされた事によって、次に訪れた公文では本当に素晴らしい先生に出会えました。

次男の子育ては壁にぶつかり、辛い事も多かったです。
ですがその大変な子供を持った時だからこそ、人として対応力のある方など、本当に尊敬できる方に出会う事ができました。
きっといい子の長男だけでは見抜くのに時間がかかったでしょう。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村