組分けテスト週になり、あれやこれやと指示することが多くなりました。

次男は人の話なや、やらなきゃいけない事を、覚えていられるタイプではありません。

次男が小2か小3の頃、臨床心理士さんのススメでWISC-3を受けたことがあったのですが
その時の結果でも、耳で聞く情報処理は弱く、目からの情報処理が強いという結果でした。

この事からも、耳だけで伝えても上手く処理できずに忘れてしまう事が多いわけです。

なので、できるだけ彼に伝える時は紙で書き、さらに必ず見えるところに貼るというが原則となります。

つい最近までは、私が勉強の内容を決めそれを紙に書いて、机の上に置いておくというスタイルにしていました。

でも中学に入ってからの事を考えると、これでは伸びることはないだろうなと思い
この頃は、本人と話し合って勉強内容を決め、本人に紙を書かせるようにしました。

自分で考えて決めるとなると、記憶としても残るようで、以前よりは取り組みも真面目になだたかどうかは、ちょっとわかりませんが(^◇^;)

いつかは長男のように、1人で目標も学習内容も決めて、ちょっとストイックに歩んで行ってほしいのです。

こんな風に勉強スタイルついてまで、真剣に考え、それを話できるのは、やはり中学受験をしてるからだなと思います。

小学校だけの勉強量では、ここまで計画を立て目標に向かって勉強する事はムリだし
中学になると、本格的な反抗期で親が口を出すことはほとんどできなくなります。

色々と大変で辛いことも多いですが
親子一緒で頑張れる中学受験を通して、本当の勉強する意味をここでしっかりと固め、将来大きく成長してほしいと思っています。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村