o0480048012775721387
11月に四谷大塚の予習ナビを始めた次男は、すぐに冬期講習はどうするのか?という時期にさしかかりました。
予習ナビでは、季節講習に関しては特に配信がありません。
なので、送られてきた季節講習のテキストを自宅で取り組むか、もしくは直営校にて季節講習を申し込むかという選択になります。

我が家は四谷大塚の直営校までは、電車で30分ほどの距離。
冬期講習は平日の午前中開催だったので、これなら通えなくもないかな?と思い冬期講習は四谷大塚直営校にて受けることにしました。

冬期講習代はもちろん別途です。
そして申し込みは受講校舎に直接行って、支払いをします。

予習ナビを受けているとはいえ、週テストなどやっていないので決まったコースもなく、AまたはBコースなら受講を選べるような感じでした。

Bコースは通常の冬期講習を実施しますが、Aコースは冬期講習後に入塾する子を対象にもう少しカリキュラムを砕き、以前の内容も軽くふれる内容で実施するとお話があったのですが、短期間だし、冬期講習の内容自体が復習なのでBコースを選びました。

申し込みの後は、講習が始まる数日前にお電話を頂き、次男の普段の様子や勉強のスタート時期などをお話ししました。

冬期講習自体は最後の講習判定テストを含めて、計5日間。
1日の授業時間は200分。

特になにも困る事もなく元気に通い、年明けに講習判定テストを受けました。

このテストはすべて同じ内容のものを受けていますが、結果はコース別になっていました。
このころの次男はBコースで4教科偏差値45でした。

算数が1番良くできていて、社会が・・・どん底でした(涙)

講習会を終え、なんとなく忙しい年始をスタートさせた頃には、もう5年生のカリキュラムの準備が始まる時期が始まっていました。

2月からは怒涛の5年生のはじまり。
ここから中学受験の本当の戦いが始まった気がします。

5年生編につづく

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村