遠い昔の記憶を掘り起こして、長男の志望校決めの話を書いてみます。

長男の受験は小2の2月からはじまります。

最初の1年は日能研の予科教室に通っていました。

電車を乗り換えて30分。
いま考えても、よく行かせてたなと自分でも思います。

やはり慣れない電車と意味のわからない勉強で、何度も受験したくないと言われたものでした。

それをまあまあと無理やり説き伏せてなんとか1年通いましたが、この先6年生までこの環境は難しいだろうと判断し、最寄り駅からひと駅隣のYT提携塾に通うことにしました。

この頃は受験したくないと言うことはなかったのですが、やはりなんで自分だけこんな勉強しなくちゃいけないのかわからないようでした。

その姿を見て、そろそろ学校見学に連れて行かなくてはと思うようになり、まずは文化祭から参加して行きました。
初めて彼を連れて行ったのは、その辺りの塾の子なら誰もが行きたいと言う学校の文化祭でした。

人気校でしたので、ものすごい人と残暑厳しい年でしたので、とても暑く行っただけで私は疲れてしまいました。

当の本人は中学校の展示を見て、高校の部活展示を見て、ふーんと特に楽しい様子もなく淡々と終了。

そう言えば一緒に連れて行った当時1年生だった次男だけが盛りがって中学生の展示を見て回っていたっけ‥。

文化祭見学なんてこんなもの?
と、思いながらも翌週には別の学校の文化祭へと訪れました。

一応、難関校だし昔から有名だよね。と思いつつ訪れると‥

緑溢れた校内が、まるで自分の母校のように素敵だったので、ここいいなあと勝手に思ったっけ。

まずは長男が行きたいという展示に行こうと思ったのですが、校舎が広くよくわからなかったので、たまたま近くにいた男子生徒さんに声をかけ場所を教えてもらおうと思ったら、なんとその生徒さん、自分の手荷物を隣の友人に預け、私たち親子を1階の中庭から展示教室(しかも4階)の前まで、案内してくれたのです。

なんて親切なんだろ~。
しかも案内してくれる時も階段気をつけて、段差気をつけてくださいね、なんておっとりと優しかったのを今でも覚えています。

その男子生徒さんがもつ雰囲気は長男に似てて、ふと周りを見渡すと、これまた長男に似たような男子がいっぱい。

母的にもここは絶対だなと思ったものでした。

多分、私が絶賛した事もあり、長男も前回の時とは全く違って楽しかった!と喜んでいました。

そして‥

俺、ここに行きたい。

と、初めて受験に対して明確な目標をもつことになるきっかけとなりました。

ちなみに次男はお化け屋敷~!と長い列を並んで楽しんでましたσ(^_^;)

続く…ハズσ(^_^;)

長男の時は本人の希望のまま志望校が決定しましたが
入学してからは、学校のカリキュラムをもっと比べるのも志望校選択のひとつだと知りました。

2人目の現在は教科書や定期試験、授業内容などを調べるようにしています。

サピに通うお子さんのママから教えてもらいました(^^)
難関校ばかりですが、次男の志望校のカリキュラムと比べるにも、参考になっています。

ランキングに参加しています。
応援がとても励みになるのでクリックよろしくお願い申し上げます。(^^)

↓↓

 
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村