中学受験の勉強を始めてもうすぐ1年が経ちます。
このふらふらと迷いながらやっと始めたこの1年を振り返ってみようと思います。

 

中学受験の勉強は塾ではなく四谷大塚の予習ナビからはじまりました。

当時はスポーツ少年団…そうスポ少に属していた次男。
スポーツは辞めたくない、でも勉強も頑張ると言い張り、結局選んだのが四谷大塚の予習ナビ。

予習ナビは10月と4月あたりに2週間のお試しキャンペーンを開催しています。
興味のある人はこのキャンペーンから申し込むのがおすすめです。

なぜなら、予習ナビを見る為には、パソコンの設定が色々とあり、しかも受講が始まってからじゃないと設定完了したのがわからない為、
余裕のある週に申し込んで設定をするとよいでしょう。

私も設定をしたその日には見ることはできなくて、次の日に再挑戦して見ることができました。
でも最初は四谷大塚から見れたかどうかのフォローの電話もくるので、その点では安心です。o0480048012775721378

そして予習ナビで勉強するというのは、その家のスタイルに合うか合わないかはやはりやってみないとわからないという点もあります。

この2週間のキャンペーンを利用して、子供の様子や関わり方などを実際に体験して、その後申し込むかどうかを決められるので、私としてはとてもよかったです。

予習ナビを始めた当初はスポ少を平日2日+土日をやっていて、
他の習い事は、予習ナビ開始をきっかけに辞めました。

そして予習ナビを始める10月までは、四谷大塚の予習シリーズを使ってる近所の学習塾にて国語と算数はやっていました。

しかし理科社会に関しては初めての教科となるので、最初はできるだけ側で付き添って見れるようにスケジュールを組みました。

四谷大塚大塚の進学クラブには3つの受講スタイルがあります。

  1. 予習ナビで授業だけを受ける
  2. ナビは受けずに、週末の週テストと組分けテストを受ける
  3. 予習ナビを受け、週末の週テストと組分けテストを受ける

次男の性格とそのときの状況を考えると、週テストと予習ナビ始めるには、かなり大変だろうと想像できましたので
とりあえず4年生の時は予習ナビのみを受講し、1週間の仕上げには、週テストは受けずに、週テスト過去問題集で対応しました。

そしてその頃は組分けテストも受けることはなかったので、これだという成績も知ることもなく、ゆるゆるな感じで始まっていきました。

そして12月。
季節は冬期講習を迎えました。(続く)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村