塾から帰宅して、算数の解き直しと国語どっちからやる?と聞くと

算数!と元気な答え。

算数ならやる気起きるんだよねー。と言ったものの

前半の間違えが凡ミスだったために私に突っ込まれ完全ふて腐れそして泣くという状況に。

凡ミスは

折角途中まであっていて、その数字も問題用紙にしっかりと書いていたのに
なぜか違う数字を思い込み、そこから間違えた数字で解いてしまったり

式は書いたのに、そのあとの計算を頭の中でやってしまい計算ミス

そして読み間違え。

と、前半3問をそのように間違えたので

・どうして間違えたのか?
・間違えないようにするためには、どうしたらよいのか?

それをこんこんと話て見つけようと誘導していたのですが

顔が完全にむくれ

次第に泣き出し、ティッシュで涙を拭きながら

泣いてないもん!!!と強気で言い出してしまう結果に。

泣く理由は色々あるんだろうけど、ここで泣いても仕方ないのよと思ったけど
あんまり突っ込んでも仕方ないので、とりあえず

間違えないようにする工夫を伝え

算数テストの解き直し後半へ。

後半は凡ミスより気づきがでなかった分野たち

ほんのちょっとだけ応用的になるともう解けないんだよね。

でも使う条件や公式は基本問題で十分に溶ける内容なのにね…。

とにかく本人に気づかせなきゃ意味がないし
かといって長い時間苦しめても仕方ないので

私的には5~10分考えたら、ヒントまたは解説を見て解かせちゃいます。

今回は頑張ってなんとか自力で解いて
この頃には、さきほどの凡ミスの突っ込みも忘れてすっかり笑顔に。

そのあと、お風呂に入り国語を最後仕上げて21時半にはお布団へ。

組分けに向かって頑張る姿をみると
やっぱり結果はほしいなと思う。

でも結果が必ずしも出るとは限らないし、何か起こることもある。

それを考えるとすごく不安でたまらない。

結果が悪くてもあまり怒らないで頑張ったから次!と言ってあげたいといつも思うけど
心の不安は少しでも表にはでてしまう。

結果が怖いけど
しっかり対策して頑張ってほしい組分けテスト。

あとはしっかりと読み間違えないように
落ち着いて解けますようにといのるばかりです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村