先日、塾選びから転塾までをまとめましたが、共働きの我が家にとって今の塾がBESTなのは

なんといっても

拘束時間が長く、日数も多いこと。

基本は自習学習日を含めて週5日。
日曜日はお休みなので、平日家に1人でいるのは1日だけ。

学習時間も夕方から始まり、途中お弁当を食べ、約3時間半ほど授業をうけます。

その後、希望者のみ自習をしていくので
塾が終わるのはだいたい21時半ごろになります。

仕事が忙しい時は、この21時半に迎えに行けれるように、時間を調整して残業をしています。

逆に塾がない日のほうが、できるだけ早く帰宅したりしてます。

とにかく拘束時間が長い方が
働く母としては助かるなと思います。

長男のようなタイプなら1人でも比較的安心して任せられるので

自宅での学習が多くても
それなりに1人で真面目にこなしてくれると思います。

しかし次男は1人で任せると
スキをみては、遊んだり寝転んだりとかなり油断はできないタイプ

だから主に塾の宿題自習の時間でやったきてもらい
帰宅後は塾での勉強の様子や
その自習をした際の出来具合などを私がチェックしています。

ここで間違え、再復習の印がちゃんとつけられてるのか
ノートは綺麗に使ってるのかとか、イロイロ。

次男は本当に雑なので確認をしてますが
長男のように1人でこなせる子なら
拘束時間が長めの塾は本当に楽だと思います。

最初に次男の塾を決めるとき
今年の実績を見て、サピックスもいいなと思いましたが
自宅学習が多い、書類の管理が大変だという事をあとから話を聞き、次男の性格と共働きという現状を考えると

今の塾でも大変なのに
サピックスだったらさらに大変だっただろうなと想像ができます。

もちろん子供の正確にもよるでしょうが
うちは拘束時間が長い塾でピッタリだったなと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村