過去の記事はこちら〜
①中学受験塾選び。流れに任せた小3から小4
②中学受験、塾選び。何かが納得できない小4時代
③中学受験、塾選び。転塾を決める小5の初め
④中学受験、塾選び。震災と転塾の小5年3月

長男は元々、人見知りなどしない積極的なタイプなので
転塾もそれほど心配はしていませんでした。

あっという間に仲間ができ

⚪︎⚪︎くん計算が速いんだよ

⚪︎⚪︎さんいつも記述満点なんだよ

と、自分よりできる子を多く見て知ることにより
彼自身の刺激にもなり、勉強に関しては少しずつ手が離れて行きました。

授業は楽しいだけでなく
先生と子供たちの距離がとても近く以前よりイキイキとし、勉強への意欲も上昇しました。

そのあと受験まで通い続け、結果的に転塾してよかったです。

★転塾のまとめ

転塾前の不満
・最初の塾では先生への不信感から。
・何度も面談をしたのに、納得できる答えがでなかった
・保護者会など中学受験をする保護者の悩みや相談に対してのフォローなかった
・先生が1年間に3、4回と変更する。それも複数の教科で。

転塾後は
・相談するとハッキリした答えがでてくる。子供の事をよく見ているので1人1人のやるべき事、直すべき事を教えてもらえた。
・定期的な面談は少ないが、こちらからアクションすればすぐに面談してくれる
・保護者会では親が知っておきたい、知らなかった中学受験の詳しい情報を提供。保護者には毎年の進学実績も包み隠さず教えてくれる。
・先生は変更がなく安心。子供達もとても懐いて慕っている。

塾に不満がある時は、直接ぶつけるべきだと思います。
そこで納得できなかったら転塾かな・・・と。

でもタイミングや時期もあるので、そう簡単には行かない問題です。

そして子どもと塾の相性もあります。
なので退塾したB塾に通い、受験して合格した子もいます。

次男もA塾での相性はとてもよく、それなりに頑張っています。

塾選びって志望校を探すのと同じ位大切だと思います。
自分の子どもがそこで伸びるのかそうじゃないのか

カリキュラムも色々とあるし、同じ塾でも校舎によって雰囲気が違ったりもする。
何も無ければ3年間通うことになり、お金も2、300万円位払うのです。

よく考えたら高い買い物ですね。

それを私は面倒くさいという手抜きをした結果、転塾する事になったわけです。

これから塾に通うというお子さんをお持ちの方は
私のようにとりあえずと決めずに、色々と見学や説明会に行ってその雰囲気を確かめて
お子さんが3年間通う塾を探してほしいなと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村