千葉3連戦、最終日ですね。

去年のこの日を昨日のことのように思い出します。

初日の市川中学。

怖いよ本番入試

偏差値的にも過去問的にも合格はするだろうと思われていたのに、持ち帰ってきた問題用紙を元に答案を再現してみると、理科が真っ白という状態。

塾の先生にも、本当にこれしか書けなかったのか?と何度も聞かれたが、書けてないものは書けてないわけで・・・。

原因は大問1で出題された日本語の意味について考え込んでしまい、ここで20分も使ったから。
時間が過ぎてしまった事に気付いた後は、とにかく計算ではなく苦手な暗記モノから埋めていったけど、常に曖昧な暗記な彼の回答は塾での採点においては不正解。

去年の渋幕受験の朝、次男を見送った後、塾の先生から「たぶん今日は(市川)は不合格だと思います」

と、言われてしまいました。

そんなこともあり、ネットでの発表も今か?今か?と待つこともなく、職場で気づけば発表の時間も過ぎていて、念のために確認するか。

そんな気持ちでサイトを開き、あるはずのない番号がそこに書いてあったのを、その後電話した塾の先生と唖然としながら驚きあった、そんな思い出です。

今でもそうですが、何事順調に満遍なくいかない、常にドラマティックな彼。

いい意味であればこちらもホッとしますが、ほとんどが良くない事ばかりなので振り回されるこちらは寿命が10年は短くなっていると思います。

 

最後に千葉受験での合格を得たので、後は2月1日を目指すのみ。
ここから1週間は麻布との過去問のみを勉強しました。
そして彼の受験ライフの中ではこの1週間がスイッチの入った瞬間だったなと今でも思います。

遅くて短いスイッチ。
ですが、彼にもあったわけです。

あと1週間ちょっという時間ですが、スイッチはまだまだ隠れているはず。

諦めずに。あと少しです。
受験生とご家族にとって悔いのない日々になりますように。

頑張れ〜〜〜!!!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村