久しぶりに長男の塾時代のママ友達とお茶をしました。

我が家は今年で無事に卒業をしましたが、ママ友の中には新6年~新4年の下のお子さんがおり、また同じ塾なので、先日の入試の話から今後の話までと盛り上がりました。

2016年組は2/1の御三家組が全員合格だったのもあってか、ママたちからは本当に頑張った学年だったね。と話していました。

もちろん長男の学年も素晴らしかったし、来年以降もきっと良い結果になると思います。
それは先生たちが毎年の結果をきちんと受け止め、次にきちんと活かしてるのが2人目の親にもよくわかるから。

長男の時は○○だったのに、次男の時はもっと考えてくれ○○なってる。と特に6年生になってからは気づくことが多かったです。

小さい塾だからこそ、経営者である塾長の思い描く教育ができるんだろうなと思います。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村