志望校探しについて、当初は親主導で共学をと考えてました。

個性的でグレーな感じのする次男。男兄弟しかいない、彼にとって青春期を男子だけの環境で育てることに躊躇してました。

麻布は5年の4月に入塾した時に、長男ではなく彼のために何か学校見学に行かせたいと思った時に丁度、麻布の文化祭をみつけ行かせたのがきっかけ。

もちろんその当時はY偏差値50前半でしたし、成績的にも私たちの考え的にも受験したいからというよりは、何か凄いらしいという興味だけでした。

それから1年半位、時々独り言のように呟く「麻布行きたい」。最初は軽くスルーしていたのですが、そのうち四谷大塚の学校別対策を決める時期になってました。

当時の我が家の第一志望は渋幕。ですが渋幕の学校別対策は過去問中心の演習のみで、学校別週テストはなく、塾からは取る意味はあまりないと。

麻布の名前を見た時にちょっとこころが引っかかるものがあり、先生に相談すると

渋幕を目指すために麻布の学校別コースをとることはプラスにはなります。

その言葉を聞いて、とりあえず希望表だけ麻布と書いて出しておいたら、第二回合不合で資格が取れ本人もやりたいとの事だったので、第一志望は渋幕、麻布は第二希望だよと話して学校別コースを始めました。

通常の授業とは別に学校別対策の予習シリーズでの学習が増え、いつもの週テストは学校別コースに変わりました。

とにかく次男は過去問も含めて面白いと楽しそうにやってました。

学校別コースの希望を聞かれたのは夏休み前でした。この頃からもしかしたらと、思うようになり夏からは麻布関係のイベントに足を運ぶようにしました。

そこで他の男子校もいいなと思うようになり、本人の行きたい所がいいんじゃないかと思うようになりました。

麻布を始め、芝、本郷、早稲田、海城など男子校を検討し始めました。

中でも芝は長男の時に塾の先生が一押しするので、ちょっと話を聞いてみようと5年生の時に行った四谷大塚の主催の説明会で、ここなら預けても安心かも!と思った学校でしたから、実は最後の最後まで密かに行かせたかった男子校でした。

そうこうしているある日次男に言われたのが

 

渋幕受かったら麻布行かないんでしょ?
だったら受かりたくないなー。

 

その寂しそうなつぶやきに、母の感としてこのままでは中途半端に終わってしまうと思い数日間、考えました。

次男ため、問題児だった次男がいい方向に進めるようにと思ってるけど、本人が一番に望んでいることを叶えてあげないでどうすんだって。

 

9月の合不合テストが微妙な成績だったのもあって(笑)

麻布を第一志望にしていいよ。お母さんはそれでいい。

とにかく受かってから、こんなに頑張ったんだから行くからねってお父さんに言えばいいよ

もし両方受かったらお母さんがお父さん説得する。長引きそうだったらとりあえず両方に入学金払って2月11日まで決めればいいんだから。

この時、母として覚悟を決めました。例え驚くことがあっても、浪人したとしても、次男が楽しい6年間を過ごせればそれでいいと。

ようやくここで、親子で麻布を真剣に目指しはじめることになったのです。

この時から時間は経ったけど
私が夫を説得した時のブログはこちら

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村