千葉3連戦から都内決戦までの出願と合否結果です

  • 1/20 市川◯
  • 1/21 東邦◯
  • 1/22 渋幕×
  • 1/23 芝柏→出願のみ
  • 2/1 麻布◎
  • 2/2 渋幕2次×
  • 2/4 芝2回→出願のみ

 

出願に関しては千葉戦にて市川〜渋幕までが×だった場合は麻布出願を諦めて芝1回にする予定でした。

  • 2/1 芝1回 午後開智日本橋特待
  • 2/2 渋渋 or 本郷
  • 2/3 お休み
  • 2/4 芝2回

検討をした併願校はできるだけ男子校をと思いつつ、自由な校風の共学も考えてました。
成績に波があるので、千葉全滅の場合は特待狙いで午後受験も検討しており、中でも期待値の高い開智日本橋と決めていました。

合不合の成績は以下の通り

  • 第1回 61
  • 第2回 65
  • 第3回 62
  • 第4回 61
  • 第5回 70
  • 第6回 59

 

最後の第6回は衝撃の59でしたが、算数が66で国語が50だったので、この時期特有の学校別対策が進むと合不合が取れなくなるという事で現実逃避。

算数は65前後、国語は60〜65のあたりをウロウロとしていましたが、集中力に波があるのと、なんと行っても理科社会が酷いため、どうしても4教科での成績として足をひっぱっていました。

理科に関しては花の種類や人体の部分の名前のような基本的な暗記系を多く落としており、他の人が苦手な化学や物理の計算に関してはほぼ出来ていました。
社会はとにかく地理がとれないのが原因。毎朝四科のまとめを続けていましたがそれでも57〜60という状態でした。ただし後半から公民が取れるようになった感じはありました。逆に好きな歴史に関してはやらなくても殆どを出来るという差がありました。

次回は学校別コースやテストについて書きます。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村