次男の苦手教科と言えば…「社会」

過去の組分けテスト、合不合テストを見ても偏差値60を超えたことは、ほんのわずか数回しかありません。

その社会が得意ではない事は、過去問にもくっきりと浮き出ており、自偏差値より上の志望校では合格者平均点はもちろん受験者平均点に届かない事も多く、その分を得意教科の算数で引っ張って行かなければならない状態です。

とはいえ、時々は算数で失敗もあったり、または国語も一緒に足を引っ張りあったりと、4教科合計となると合格最低点の10点前後を行ったり来たりしています。

過去問ではまあまあな感じもしますが、秋に実施してきた合不合や学校別SOの結果をみると、厳しい結果で終わったものもあり、油断できる状況ではないです。

秋からはとにかく通常の宿題の他に4科のまとめ(地理・公民)を2~4P毎日解き、ニュース最前線を寝る前に読むというのを習慣づけてきました。

そして最後の最後に、社会だけ記述の問題集と難関校向けの問題集を加えてやっています。

記述に関しては丸を貰っても先生からは回答に下線を引かれ具体的に、なぜそうなる?などコメントか書かれているので、上手な記述の書き方を覚えるように、書けるようにテキストの解説を参考に見ています。

でも基本的に大雑把な性格な上に閃きで解いちゃう次男は、具体的なんて本当に書きません。

ですが三角を丸に、4点満点なら2点じゃなくて3点を。

そんな小さな積み重ねを繰り返し、合格へ近づいてほしいと諦めずに頑張っています。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村