首都圏模試の前日の土曜日から学校別週テストが始まりました。

開始時間は誰よりも早めのスタート。30分後に開成組とSコースか揃ったようです。

週テストも今までのB4サイズのプリントの束から、冊子タイプにかわり入試本番の雰囲気となりました。

国語は見開き4ページの物語文で、選択問題ひとつ、抜き出しひとつ、漢字、言葉が各4問。そして字数制限のない記述が11問とありました。

次男の回答を見ると、とりあえず全て埋めており、部分点をちょこちょこともらっていました。

点数は入試と同じで国算60点、理社40点。きっと他の学校も入試と同じ点数と時間のようです。

そして1番気になっていたのは受験人数。四谷の学校別は少人数だと聞いていましたが、私が思っていた以上に少なく驚きました。NNの1組分より少なかったです。

うちみたいに提携塾で勉強してテストをうけている子もいるだろうから、そう考えると渋谷校舎でやっている授業は本当に少人数なんだと思います。

ちなみに学校別コースの受講資格がSコース以上というのを考えるともしかすると開成の方が多いのかもしれません。

なので、週テストで順位と偏差値がでてもちょっと微妙( ̄▽ ̄)。

立ち位置を確認するなら、とりあえず学校別SOを受けるべきなのかなと思いました。

結果メモ
国語>55>4教科=算数>理科=社会>50

国語は元々物語文の方が好きな人なので、そういう意味では有利なのかも。さてこれがどうなっていくのか、ドキドキです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村