昨日から2日間、東京都私立学校展が開催されています。

IMG_2296.JPG

職場がとっても近いので(笑)ついでに出勤にし、お昼休み前後に行って参りました。

 

私立学校展やフェアの良い所は、先生と直にお話ができること。
見学会や説明会でも先生から個別にお話できるのですが、それよりも積極的に話す事ができます。

時間もそんなに取れないので目星はつけて行きました。

絶対に行きたかったのはこちら
IMG_2297.JPG

はい、麻布です。

こういうフェアに中々出てこない学校なので話ししてみたい!という興味本位で1番に行きました。

ブースに付くとすでに列ができていたので、順番に並んで待つ事にしました。私の担当になった先生はなんと若い女性の先生。男子校でもこういう若い女性の先生いるんだなと驚きました。

麻布と言えば、勉強をあまりしない、させないイメージでしたが、先生からは

勉強はさせますよ。
課題は多いです。こんなに勉強するって聞いてないと嘆く生徒もいます。
出来なかった生徒に対しての補習もありますが、強制参加はさせないので受けるかどうかは本人次第です。

本人次第…あとあとで考えたのですがもしかすると課題提出についても本人次第なのかもしれません(><)
※ちなみに長男の学校では課題提出がないと自宅に電話がかかってきます。

 

他に話しを伺えたのは、芝、開智日本橋、早稲田となりました。

芝学園 ずっと思っていた疑問をぶつけてみた

芝は以前の記事で文化祭の時にあれ?と思っていたやんちゃ男子について、やっとここで聞けました。

ご両親が心配になるような元気でやんちゃなお子さんももちろん入学します。
でもそいうい子の方が学ぶ事が多いと思いますよ。時には失敗もするでしょうが、高校生になる頃には周りを気遣う子に育ちます。
みんな芝っぽくなっていくんですよね。

優しい先輩達や学校の雰囲気がその子を育てて行く、そんな様子なのかもしれません。
環境で大事なんだなと思えるお話で、やんちゃ元気タイプの次男でも安心して預けられるなと思いました。

 

開智日本橋では特待生について

特待生の偏差値ですが
TOPは首都圏模試偏差値で70を超える子、60台の子も数人います。
女子校に入って来た男子については、お姉さんたちは「可愛い男の子が入って来た」という感じでとても優しく接してるそうです。

実は今回1番印象が良かったのは早稲田。
知り合いのお子さんが通っているので勉強について聞きました。

受験勉強と学校の勉強は違うので、それを切り替えられた子は大丈夫ですがそうじゃない子は大変かもしれません。

ここでいう受験勉強は与えられた課題をひたすらこなす事
学校の勉強は自分の得意不得意をきちんと見極め、不得意な事を頑張って取り組んだり、自分から考えて勉強したりする事だそうです。

早稲田では家庭学習に重点を置き、自分でしっかりと学習をしていく習慣を身につけるように指導しています。今はそんなに成績が…というお子さんでも、しっかりと自分で勉強する習慣を身につけられれば高校からグッと伸びますので。
うちは高校からグッと伸びる子が多いですね。

 

 

他にも本郷とか…本郷とか…聞きたかったのですがとっても人気で並んでいると
時間オーバーになってしまうので会社に戻りました。

ちなみにもちろん開成のブースもありましたが、意外と空いていました(笑)
早稲田も空いていたなあ…。

お子さん連れの場合は、先生から「ぜひ文化祭きて!」「こんな学校だよ」というPRをしてくれるので、受験のモチベーションUPには良い機会だと思います。
うちは6年生になってるしどうかな?と思っていたのですが自分の疑問や他の人から聞いていた話しをぶつけたりと収穫は多く、行ってみて良かったです。

沢山の学校の先生と直接お話しできる良いチャンス☆
ぜひ行ってみる価値ありです♪

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村