先日の首都圏模試の会場に選んだのは開智日本橋。

IMG_2208.JPG
馬喰町、浅草橋と主要駅からとても近くアクセスは便利。

それもあってか会場は満員となっていまして、説明会が行われたホールも立ち見が出るほどでした。

駅からのアクセスの良さと、午後受験。

そして特特制度もあって、去年からチェックはしていた学校だったので、今回の説明会はワクワクと期待していました。

説明会には、開智グループの傘下となり、理事長や開智から来た校長、副校長からのお話を聞きました。

どなたの話も軽やかでプレゼンはとても上手でした。とくに副校長の話し方はどこかのITセミナーを受けてるようで‥そうそうこんな風にゆっくり歩きながら話す人いるいる。なんて思いながら聞いていました(笑)

 

英語と安定の開智の学び

特にPRをしていたのは英語教育。週8hを設けかなり力を入れている模様でした。ただし他の学校でよくある、中2までに英検◯級を〜中3までに◯級を〜という目標値は出さずに、英語で自分の意見を伝えられる人になって欲しいという部分は私の英語教育に対する考えと同じで共感できました。

 

私自身さいたまエリアとはあまり縁がないので、開智の説明会も学校見学もした事がなかったのですが、好奇心をもち自ら調べて探求しそれを発信して行くというのは開智学園の全体としての学びのスタイルなようで、新しくリニューアル開校をした学校と言っても何年も学校運営をしたきた開智のベースがあるのでいわゆる新規開設校への不安は少なく感じました。

 

学習歴で選ぶコース選択

開智日本橋中学は今までの学習歴によるコース選択ができます。

グローバルリーディングクラス(国際先端クラス)
帰国子女やインターなどすでに英語力が十分にあり主に海外大学へ進学を目指す。

リーディングクラス(最先端クラス)
私立向けに勉強をしていた子向けで、国内難関大学を目指す。

アドバンストクラス(先進クラス)
公立中高一貫向けを勉強していた、または小6から受験勉強を始めた子などで国内難関大学を目指す。

 

そして注目の来年度開設の新コース

デュアルランゲージクラス(多重言語クラス)
私立向けの勉強をしていて、中学から英語を勉強し国内・海外の大学進学を目指す

 

注目は来年度開設のデュアルランゲージクラスかなと。
目標は4年後には帰国子女と同じレベルの英語力にしますということでした。

コース変更は基本的にはないですが、本人の希望と保護者と学校との話し合いで学年末に見直す事もあるそうです。
1〜4年はほぼ同じコースで高校2年から5つに分かれた進学希望別にコースを選択。

中でも珍しいのがディプロマクラス。
これにあわせる為に、グローバルリーディングクラスとデュアルランゲージクラスについてはIBの中等教育プログラムで学ぶそうです。

もちろん海外大学を目指すならディプロマへ、国内であるのなら国立理系や医学系などの4つに分かれたコースを選択できるわけです。

 

豊富な入試制度

通常の4教科受験の他に2教科、適性検査など豊富な入試制度あり。

そして2月3日・4日に行われる入試は3教科入試。
国算+(英理社から1科目選択)という入試です。
ただし3教科の合格最低点に達してなくても、1教科が抜群の出来ならば合格もありえるそうです。昨年度は1教科が抜群の出来で合格した子が3〜4名ほどいたとか。

 

今年の募集は130名ほど。
今年の入学者は男女比は半々だったので、少なすぎず多すぎずとてもいい形だと思えます。

非常に魅力的でオットもかなり良い印象でした。
ただ・・・本人がね…(^^;;;

今月は授業体験会付きの説明会があって誘ってみましたが「行かない」と断られてしまいました(><)

でも願書は手に入れておこうと思うので、秋ごろの説明会に再度行く予定です。

 

余談ですがITのセミナーみたい!と思った(笑)、副校長の宗像先生は広尾学園にて教務部長をされていた方なんですね…。
実は春に広尾学園も見に行っていてとても良かったのですが、個人的には以前の理事長・先生陣であればぜひと思っていたので…何かのご縁かもしれません。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村