スランプとでもいうのか。
まったく浮上の見込みが低〜い国語です。

授業での回答や記述つともに悪くないんですけど、どうもテストになると完全にやられて帰宅してきます。

今回は論説文でしたが、聞いたことのないカタカナのキーワードや言ってる意味が理解できかったので、わからない(T_T)と泣き叫んでいました。

ひとつひとつ紐解いて、1番難しい大問2を超えると、その後はどんどんと正解が出てきました。

 

しかし受験は1度で正解しなければダメな訳で。今回は難しいなという印象から読むのではなく目で鑑賞しただけとなってしまい、段落の内容をきちんと理解できなかったようです。

 

国語も練習あるのみ

 

いま自信のない状態で、やってきた文章でしたのでメンタル的にもも崩壊したのかと思います。
今日は国語の練習に、過去問を出してきて、線引きと段落の内容整理をまとめることを中心にやりました。

 

昨日の週テストのような問題を探して出しまたが、逆に得意そうな問題で自信をつけてあげるの方が良かったのだと、先日紹介した「中学受験 小6になってグンと伸びる子、ガクンと落ちる子 6年生で必ず成績の上がる学び方7つのルール」に書いてあったのを、記事を書きながら思い出し、今頃反省‥。

 

まだ週報はでていないので正解率はわかりませんが、唯一の良かったは記述が満点だったということ。
なんだろ、この越えられそうで越えられない壁は…涙
あとはもう本人次第‥。それこそ国語スイッチを、だれか探してください。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村