長男は最初から塾だったのですが、次男は4か月の自宅学習を経て塾に入りました。

自宅学習と言っても、四谷大塚の予習ナビだったので
完全な自宅学習という訳ではないのですが

それでも入塾後の楽だ!と思ったことは今でもよく覚えています。

ですが…
塾に入れれば、もう安心というのは子供の性格によってずいぶんと変わってきます。

長男は1人でコツコツとやってくれるタイプだったので
そんなに手間暇かけた記憶がありません。

小学生男子の中学受験とは

次男は雑、適当、自分へのハードルがとっても低いと言ったいわゆる小学生男子なので
塾で勉強をすすめた後、家庭学習においてこちらの目を光らせないといけないタイプでした。

長男の時はこんな感じだったしなという経験もあって、入塾後半年はそれほど見る事もなかったのですが
なんだか成績あがらないかも!?という疑いから塾に相談してみると

やっぱり・・・という確信のもと。

改めて色んなことを見るようになりました。

見ると言っても勉強の内容を教える事はほとんどありません。
とにかく丁寧に勉強しているか。もうそこのみです。

だから、何でこんな問題わからないのー!と怒る事はなかったですが
ノートに式が書いてない!、間違え問題にチェックしてない!
間違えても再度解きなおさない!などなど

とにかくやり方で注意し続けています。←いまでも現在進行形。

出来るようになっても油断すると辞めてたり
本人のどこかにやらなくても大丈夫っていう隙があったりと
1年以上やっている割には完璧な仕上がりは中々みられませんが

それでも、これらを続けていなかったら今頃どんな成績だったんだろうかと考えると…震えが止まりませんw

ようは塾に通ったって、できるようになるわけじゃない。
丁寧に勉強する事を学ぶのは塾ではなく家庭学習なのです。

うちはもう6年生で、まだ間違えチェックなどをし忘れる事も多いのですが
4年、5年生の方であれば、まだまだ間に合うと思うので

とにかく丁寧な学習をすすめられるようになれるように見てあげると良いかと思います。

 

そういう意味では…
働いている母はちょっと不利なのよね。

でもそいういう性格で育てたのは私なので、頑張って責任取るしかないのよね(><)
えぇ・・・やれるのは今のうち。頑張りますよ~。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村