インターeduのおおたとしまささんの相談室での記事
6年生になったけどずっとコツコツと頑張って来たのに
子供の第一志望が届きそうにもありません。

えー。
それってうちの事???(^^;;;;;;

って思いながら読んでしまいました。
いや、コツコツ真面目は同じじゃないので違うか。

 

受験をしようと決めた5年生の時から、志望校を含めて色んな学校を見てきました。
最初は偏差値を気にせずに、まずは通える範囲で適当に。
元々長男での経験もあるので、すでに雰囲気や校風も知っている学校もあって
さらに色々と足を伸ばす事ができました。

親が色んな学校が集まったイベントに参加したり
模試を利用して親子で訪れました。

もちろん、本人の志望校はかなり固まってはいますが
些細な事で不合格になったり、奇跡の合格をしたりと
色んことがおこる中学受験なので

親として、何かあった時に対応できるように
色んな学校を見ておくのが、1番だと思います。

2月3日、4日と合格できなかった時
行った事もない学校に願書を出すのだけは避けたかったので
ここだけは絶対にという学校も決めています。

もちろん本人はそこに行きたいとは今は思わないでしょう
でもそのとき、その学校にしか縁がなかった場合は
私は進めようと思っています。

親が出来る事のサポートは
おおたさんが仰るように沢山の学校を見て回り
いろんな情報を得ておく事だと思っています。

第一志望はもちろんだけど
併願校も大事なんだよと多くの学校をできるだけ見に行って欲しいなと思います。

うちも6年生になりましたが、見ておきたい学校があと数行もあるので
いつどうやって行こうか、悩み中です^^;;

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村