4/20に修正しました。歩留まりが多いでなく歩留まりが悪いでした。

今回の首都圏模試は遠出して「芝浦工業大学柏中学校」へ行ってきました。

船橋駅から東武アーバンラインなるオシャレな名前に変わった旧野田線に乗り、新柏からさらにバスに揺られること5分。
山の中にこじんまりとした学校が見えてきました。

千葉の学校は模試を通していくつか見ていますが、アットホームという印象でした。
学校説明会はまるで保護者会のようでしたし、校舎見学も担当の先生がかなりゆるくて、でも親しみを感じるトークでした。この日は部活で投稿している生徒さんも多く、高校生男子がこんにちわーと挨拶してくれる子も数名いました。

ですが、アットホームな印象と書きましたが、カリキュラムに関しては進学実績を非常に気にしています。
2020年に行われる予定の大学入試改革を意識しての発言も多かったです。

また各コンテストでは日本代表として海外へ行く子もいたり、数オリで表彰されていたりと、頑張る生徒さんも多いのかなと感じました。

今年から高校で始まった、グローバル・サイエンスクラスを中学でもはじめるそうです。
入学者の上位20名ほど(すみません詳細は数字は違うかも)を集めて、他クラスより上位の授業を行うとか。
上位20名の中に入っていなくても、希望すれば授業が受けられるので、いわゆる特進クラスとは違いますと言っていましたが、結局は特進クラスなのかなと。

グローバル・サイエンスクラスで入学した生徒は最初の2年間は学べると言っていたので、その後の成績によっては入れ替えられるみたいです。
芝柏としては上位は上位の授業を中位は中位の授業をして、1人1人の進度にあわせたカリキュラムで学べると言った話しでした。

試験日は1/23で早めの出願なら船橋のホテルが会場となります。
千葉3連戦のあとではありますが、他の千葉受験と被らない為、確実に千葉で1校をと思うご家庭の抑え校としてはかなり良いと思っています。

やはり抑え校での扱いが多いのか、先日の受験では歩留まりが悪かったようです。

良い面ばかり書きましたが
千葉の学校の中でも学費は高いです。都内と同じ位かな。
中高海外研修費が含まれているからだからか、学費が高い割には校舎が古いなという印象もありました。
(先週、ピカピカの広尾学園をみちゃったからかもしれないけど)

今回もらったパンフレットは昨年の物で
今年はかなりの改訂を行って5月以降の説明会で配布するので、どんな感じなのか楽しみです。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村