小学校でも6年生になり、学校生活も色々とスタートしました。

まずは、地区の班長になり(6年生が他にいないから(^^;;;;;

そして委員会ですが、去年から持ち上がりの担任の先生から、経験者が欲しいからと昨年と同じリサイクル委員になり、先生の推薦でそのまま委員長になりました。

本人は他にやりたい委員もあったんだけど、先生からお願いと頼まれてしまったから、やることにしたとか。

きっと先生の想いとしては、学校生活があまり面白くなさそうな次男に
なにか責任を持った役回りで、もっと学校への色々と関って欲しいというのがあったのかなという気がします。

そして運動会の応援団も、塾が忙しいから今年はもういいかなって言っていたので
そのシーズンは成績落ちても何もいわない、塾へは遅刻してもOKという事にしたら
頑張って応募する!と張り切ってくれるようになりました。

 

誕生日が早い次男はもうすぐ12歳。
中学受験の勉強をしていることもあって、この1年ぐっと体も心も成長しました。

このところ、自立への一歩として
私が絡むのをとても嫌がり、自分を全面に押し出す事も少なくなり
うるさいと一言ですませる事も多くなりました。

幼いんだけど、こういう反抗期はなんだか早くてちょっと寂しい…。

少しずつ手を離しながら、自分の力で勝ち取った学校へと進学してくれたら良いなと思います。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村