もともと算数が得意だった次男。

4年生の11月から受験勉強を始め、それなりに算数も良くできていました。

5年生に上がり、4教科に比べたら出来ている方だったけど
あともうひと超えがなかなか見られませんでした。

夏休み前に先生と相談した時に言われたのは

・自分のやり方を変えようとしない、もしくは先生のやり方を聞かない
・すべて頭で考えてしまい全く手を動かさない

大まかにこの2点でした。

私も先生も長男の時よりは、算数の思考力は悪くないのに勿体ないねと同意見だったので
そこからは、私も家庭学習で見守るように心がけました。

5年生にもなると算数の勉強内容なんて教えられないので
授業後のノートを見せてもらい、たくさん書かれた図やグラフ、式を褒め続けました。

宿題も同じ。
ただしわからない問題ほど、手を動かさず頭でうんうんと考えようとします。

この時が一番、大変なのです。

だって、難しくてちょっとイライラしているときに
お母さんが口出ししたら、面白くない年頃でしょ?

なので出来るだけ口うるさくないように
間違ってもいい、とにかく書いてチャレンジしよ!と
甘いものを出しつつ、誘導させたりしました。

ただし、考えるのはせいぜい10~20分まで。
あまり難しく考えさせるのも良くないので、その時はさっさと解説を読んで再度解かせます。

・・・が。

算数へのプライドが高い次男はですね・・・
絶対にひかない時があって。
もうその時は、本人のやりたいがままに1時間近く、うーんとやらせることもありました。

そして毎日毎日、書けててすごいと褒め、書くといいよ~ってやさしーく誘導する。
そしてやっと手を動かす算数へと徐々になっていきました。

この算数が難しくなる5年生の間に、手を動かして考えるという事をしっかりと身につけさせられたのはとてもよかったです。

コースUPしてからは、目が点の結果を見るこの頃ですが
算数だけは、手を動かし紙に書く事をしっかりと出来た結果がそれなりについてきています。

4年生の時はそれなりに出来たのに
5年生になり急に成績が落ち始めて来た時はぜひお子さんのノートを見てくださいね。
本当にこの1年間がとーっても大事です!

ちなみに算数に関しては、とっても綺麗に書いてちゃダメですよ
ほどほどに綺麗でほどほどに雑が丁度よいです^^

↓こんなのを低学年の頃からやっていたら、去年の苦労はなかったかな?

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村