私が四谷大塚のカリキュラムを選んだのは週テストがあるから。

1週間の勉強をその週の土曜日に確認できるというのが、勉強の詳細を見られない私にとってはとても良いチェック機能となっています。

もちろんこの週テストを目指して、塾に宿題にと1週間勉強をするのですが
うちみたいに注意力散漫の手抜きが多い男子にとって1週間で4教科をMAXに持ってくることは不可能なのです。

それなりには本人曰くやっていますが(笑)
この週テストの結果をもって、翌週きっちりと復習できるかを大切にしています。

しかもこの週テストの範囲は教科によりますが、今週分が70%、そして前週分が30%ほどなので
当然、復習できているかどうかもちゃんと確認することができます。

我が家ではこの復習問題を絶対に落とさない事を目標にしています。

「失敗した時こそ、次どうやったら成功するのかを考える」

勉強だけでなく、これからの生きる力を得るためにとても大切な事だと思っているので
(特にね最近のダメな新入社員とかみてるとね・・・失敗経験が少ないって本当に感じます)

 

今週はずっと社会(公民)から逃げて逃げて。
やっと私が休みの土曜日に捕まえて(><)、先週の第1回の週テストをやらせてみると・・・

これがまた全然覚えてなくて(がっくり・・・)
本人は途中で読んてたもん!とか・・・復習してたとか・・・

あーでもないこーでもないっていうので

最終的に

頑張るのあたりまえ。
結果を出せないのでは、その頑張りは意味はない。

と、久しぶりに厳しめに叱りました。
※4~5年生のお子さんには言わないでくださいね。6年生だからこそ言っていい言葉だと私は思ってます。まして、次男はもうすぐ12歳になるので。

私も今日は出かけるのでお付き合いはここまで。

復習問題は・・・厳しそうな予感です。
本当は、やられたらやりかえせ!そんな前向きな悔しい気持ちで取り組んでくれると嬉しいけど
それにはまだまだ先だな・・・と思いやられるこの頃です。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村