出遅れ感、満載ですが(笑)
やっと全国統一小学生テストの結果が来ました。

算数 69 国語 64 理科 59 社会 53
4教科 62

算数が全体を引っ張ってという
スタイルはここの所の定番です。

得点比率チャートから見ると
算数、理科は緑枠の結果が、全体の赤枠線と同じ形で囲んでいましたので、流れ的には悪くないです。

国語は、語彙力と物語文のストーリー把握が他の分野よりも欠けた形をしていましたので、この辺りを気にかけるようにします。

そして、社会は‥
常識と社会性が赤線枠より内側という結果に‥あはは〜。
囲炉裏は正解率80%もあるんですね‥Orz
本当、親として大きな反省ポイントを知るきっかけとなりました。

まあこれだけでは面白くないので
恒例の兄と比べてみようシリーズ。

算数 長男 < 次男 +7
国語 長男 < 次男 +8 理科 長男 > 次男 -4
社会 長男 > 次男 -8
4教科 長男 < 次男 +2

3年前と比べると4教科平均点は1.5点しか差がないのでほぼほぼ比べられるかと思います。

算数が強い次男と
当時は理科社会が強かった長男。
その差がはっきりとでています。

長男の小5後半の頃は組み分けテストでも国算はパッとしないけれど
理社をきちんと抑え高得点を取っていたので、常にSとCの間をウロウロとしていました。

長男の場合はこの後
算数と理科(計算分野)が伸び
成績も安定していきました。

次男はこの先、どんな風に伸びていくのかしら‥
楽しみでもあり、不安でもあります。

とはいえ、今やるべきことは
目の前の課題を一つ一つ丁寧に←ここ大事!
こなしていくしかないんだろうなーと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村