中1から始めている言葉の森も丸3年経ち、今年から高校生になり、それを機に、今後続けるのかどうかというのを本人と話しました。

中3の頃は辞めてもいいかなと言っていた言葉の森ですが、高校生になり課題文がとても面白いからという理由で継続となりました。

実はもう1人でお任せしているので内容など私はまったく把握していません。
週に1度の電話のあとは、パソコンで入力しネットを経由しオンラインで送っています。

この3年間、真面目にコツコツとやってきたおかげで、高校生になってから増えたレポートや小論文に関しては周囲が苦しむ中、書くことに全く抵抗なく、スラスラと書けていると話していました。

先生との相性もとてもよく、作文の評価だけでなく先生からたくさんの情報を聞いては、良い影響をうけて自ら新たな勉強をしてみたり、思春期という多感な時期に学校の先生以外で、とても優秀な方との交流は本当にありがたいと感じています。

文章が書けるというのは、大学受験などの学校の勉強だけでなく、社会に出た時に役に立つと思っています。
実際に自分が仕事をする中で、自分の考えや人の考えをまとめたり、それを発言と言う形だけではなく文章として残せる能力が高い方が仕事もできると感じています。

だからこそ始めた言葉の森
この先もしばらくは頑張って欲しいです!

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村