もう4年も経ってしまったのですね。
あの日は金曜日だったので当然ながら出勤しており、私も主人もそれぞれの職場であの地震を体験しました。

子供たちは4年と1年生で
4年生は授業中だったけど次男は学童保育にいたのが救いでした。(4月から辞める予定だったので)

地震直後、会社の固定電話から近所のママに連絡をし
とにかく子供たちを一緒に保護してもらえたので、私は会社に残ってその日を過ごしました。

テレビから流れてくる映像が今まさに現実として起こっているのが信じられないほどの残酷で、いまでも津波がすべてを飲みこんでしまったの事をハッキリと思い出します。

当時アルバイトだった私は震災による売り上げ減により出勤を抑えられてしまい
どんなにやりたい仕事でもやはり正規雇用だなと思い、転職するきっかけともなったり

他の塾に通っていた長男がこの震災をきっかけに
いまの地元塾へと転塾したりとしました。

当時は食べ物や備蓄品が突然なくなり、ガソリンを入れる車で長い列を並んだりと毎日が不安でいっぱいでした。

首都圏住んでいると、今はいつもの毎日が戻ってきていますが
まだ仮設住宅に住む方も多く、福島の原発の事を考えると不安はぬぐえません。

でもいまここで幸せに暮らしている事に感謝しつつ
復興に向けて自分ができる事をできる限りやり続けて行きたいと3.11を迎えるたびに思っています。

「3.11」と検索した人1人につき10円を寄付
Yahoo! JAPANが検索チャリティー実施
3.11、検索は応援になる

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村